マンション

模様替えの達人

マンションリフォームの前にやっておきたいこと

マンションリフォームを考える場合は、中古マンションを購入した時や居住中の部屋の設備が老朽化した時でしょう。
リフォームの期間は、変更する箇所にもよりますが、キッチン・お風呂・トイレなどの水回り、壁紙の貼り替え、網戸の貼り替えなど変更箇所が多いほど時間がかかり、長い場合は2ヶ月ほどかかります。
工事の前にやっておきたいことの1つが、上下階・両隣りのお宅へのあいさつです。
工事期間は、工事業者が出入りして大きな設備や部品を搬入したり、部屋の中で大がかりな作業をするため、騒音や振動が発生します。
騒音や振動は、上下の部屋や隣りの部屋にも聞こえる場合がありますし、設備や部品の搬入中は、共用部分の通路が通行しにくくなる場合があります。
そのため、上下階・両隣りのお宅には事前に迷惑をかける旨を伝えておく方がよいでしょう。
そうすることによって、入居後もお互いの関係を良好に保つことができ、気持ちよく住むことができます。

マンションのリフォームが自由にできる

賃貸マンションの場合は、部屋を借りる形になるので、あまり自由がありませんが自分の持ち家となるマンションなら一戸建てと同じようにたくさんの自由があります。
ペットの飼育が可能だったり、自分の持ち家なので、賃貸マンションとは違ってリフォームも自由に行うことができます。
ですので、自分の理想の家に仕上げることが可能になってきます。
また、防犯セキュリティの方もしっかりしていて、ダブルオートロック機能だったり、テレビモニター付きのインターホンといった最新の防犯セキュリティが取り付けられているので、安全な生活を送ることができます。
強度の方も鉄筋コンクリートで造られているので、非常に頑丈な造りになっています。
ですので、大きな地震が起きたとしても、木造で造られている一戸建てと比べて被害が少なく住むというメリットがあります。
ですので、安全性が抜群ですし、いろいろなリフォームも行えて自分が理想としている家になります。

pickup

フルーツの千疋屋

2017/11/15 更新

Copyright 2015  模様替えの達人  All Right Reserverd.